スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

どうも。

平成最期の大晦日に何をしようか考えた末に、大暴露フェアを開催する事を決めたオウムガイルです( ̄▽ ̄)

さて、今日は平成最期の大晦日です。本日限定の大暴露フェアを開催致します!ぼくの昔話、いや、恥ずかしすぎて表に出せなかった、失敗してはいけない失敗談を書きなぐって、2018年を締めくくりたいと思います。

年末の忙しい時期ではありますが、最期のひと笑いにブログを読んでいただければ幸いです^ ^

 

スポンサーリンク

胸騒ぎ。

f:id:buriburimaster2018:20181231071848j:plain

あれは、ぼくが電験2年生だった頃のお話です。

その年の狙いは、電力と理論でした。時間は余裕がなかったですが、なんとか合格点レベルまでは仕上げたつもりでありましたので、そこそこの気合が入っておりました。

そこで迎えた試験当日、

交通手段は車(-"-)

(皆さんはちゃんと公共の交通機関を使いましょうw)

よしっ。不安やから早めに出発して万全の体制で行こう。

こう心に決めて、朝の5:00に起床。

忘れ物を3回もチェックして、6:00には出発しました。

試験会場までは30〜40分程度で着きます。

僕みたいにズルしようとする輩が一定数いますので、周辺のコインパーキングはすぐにいっぱいになります。

それを見越して早めに出発したのですが、いざお目当ての駐車場に到着すると、

おっ!めっちゃ空いてるやん♫

その時、僕は日頃の行いが良いからだと確信しました。

そして、今年の試験は2教科とも余裕で受かる気がしていました(-。-)y-゜゜゜

おー、まだ試験まで2時間もあるで。

ゆっくり朝パンでも食べて、車でのんびり過去問でもやっとくか( ̄▽ ̄)

朝日に包まれた車内で、輝かしく過去問の復習をしていた時、

ぞわっ。

えっ、なんか胸騒ぎする(@_@;)

なぜかはわかりませんでしたが、一瞬妙な感覚に襲われたんです。試験まではあと1時間30分程度ありましたが、車で復習はだんだん集中できなくなってきましたので、

やっぱ会場に先行って勉強しとこう(;一_一)

そっちの方がギリギリまでテキスト見る事ができますし、余計な心配をせずにすみそうでしたので、一旦会場へ向かうことにしました。

なんか、誰もおらへんw

f:id:buriburimaster2018:20181231071839j:plain

そのコインパーキングからは、歩いて15分ほどです。

てく。てく。

 

てくてく。

 

て、、、、

 

ん?

 

なんか、誰もおらへんw

 

まだ朝早いからかな、、、

 

いや、試験開始1時間30分前やで。

そんな少ないわけ、、、

ぐっ!!

もしかして、

おもむろにリュックを下ろし、受験票を慌てて取り出して確認、、、すると。

 

場所ちゃうやんんんんんんんんんっ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

一気に天国から地獄に落ちました。

そうなんです。

去年受験を経験して、

どうせ同じ会場だろ?

ってタカをくくってまして。

受験票の名前と住所欄だけに目がいって、肝心の会場を確認できていませんでした。この時の俺はほんまバカでした。

そして、この一年頑張ってきた事が、まるで走馬灯のように頭を駆け巡り、まるでガラスが粉々に砕け散るように、その努力が崩れ去っていきました。

人間、本気でテンパった時は、本当に血の気が引いて顔が真っ青になるんですね。

悔しいやら悲しいやらで気持ちが交錯しまくりで、

もう、無理やで(。-_-。)

半ば諦めかけた時、

嫁はん般若バージョンの顔がふと浮かびました。

そうです。

2年間も勉強ばっかで、ろくに買い物も付き合わず、家事も手伝わず、かなり白い目で見られてましたので、もしここで諦めて引き返したら、とんでもない事になります。

いや、なんか手はあるはずや( ̄◇ ̄;)

そう思いなおし、急いでスマホでほんとうの試験会場までを再検索。

現在地から車で行くと、、、約40分か。

ん?あかん。Googleマップ真っ赤っかやないか。それに無事着けても駐車場あるかわからんし。

却下やo(`ω´ )o

んな電車か。

ここから歩いて駅まで、、、20分。

電車で、、、20分。しかも乗り換えあるってか!!

そんで最寄り駅からは、、、歩いて15分!?

くっそー!

頭が相当なパニック状態ですから、全部で何分かかるか計算できまへんでしたw

こんなん考えとる暇わないっ!

とにかく走ろうε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

半べそかきながら駅までとにかく走りました。

なんとか5分後に来る電車に飛び乗り、目的地へ!

車内はクーラー効いてて涼しかったですが、背中まで汗だくな人は僕だけでしたw

タクシーのおっちゃんは聖母マリアさま

f:id:buriburimaster2018:20181231071841j:plain

電車の中でも走りたくなる衝動を、必死でこらえながらもう一度到着時刻を確認すると、なんと試験開始20分前に最寄り駅到着との予測が!!

ほんまに間に合うんかな、、、

不安で不安でたまらない気持ちと戦っていると、

車掌さん:

○○駅ぃ〜、○○駅ぃ〜。

 

プシュー。

ガイルの心の声:

うおぅらあああぁぁぁあああ!!

もちろん改札まで猛ダッシュです!

ガイルの心の声:

こうなったらタクシーや!!

ちょうどその時は、試験会場までの収益を見込んで、タクシーがこぞって集まってくれてた時でしたので、すぐにつかまえる事ができました。

慌てて乗り込んだタクシーで、ほんとうの会場になっている大学名を伝えると、

おっちゃん:

お、君も試験かいな。今日はおおいなぁ~(^o^)

ガイル:

は、はいっ!訳あってギリギリで。間に合いそうですか!?

おっちゃん:

今日は何回もそこいっとるさかいな。まかしときっ!!

この時のタクシーのおっちゃんは、神さまでした。白髪のおじいちゃんドライバーさんでしたが、僕には救いの手を差し伸べてくれた聖母マリアさまにしか見えませんでした。

ガイルの心の声:

おっちゃあぁぁぁぁあああああんんんっ♡

すぐに出発してくれたそのタクシーは、まるで風になったかのように、すごいテクニックで渋滞をすり抜け、歩くと15分、いや、下手すりゃ20分はかかるであろう道のりを、あっという間に走り抜けてくれました。

おっちゃん:

ほいっ、着いたで。ここでええか?

ガイル:

ここで大丈夫です!ほんまにありがとうございます!

おっちゃん:

おっしゃ。なんとか間に合いそうやな。

ほな720円。

頑張っておいでや!

ガイル:

んじゃ1,000円で!!!

おっちゃぁぁぁああああんんんっ!!

お釣りぃ、いらぁんわぁぁぁああああん!

す、少ないけどぉ、とっとってぇぇぇぇぇぇえええ!

まじで、まじでありがとおおおおおおおおおお〜!

神さまからの最後の仕打ち

f:id:buriburimaster2018:20181231071856j:plain

僕は、またまた半べそかきながら優しいおっちゃんにお礼を言って、猛ダッシュで校内へ向かいました!

ガイルの心の声:

試験会場はどこやねん!はよせな!

あと、、、えっ!?

10分しかないやんけ!!!

そうなんです。

会場に着いた時には、試験開始10分前になっていたんです。

しかもここで神さまから最後の仕打ちが!!

試験会場になっている建物が、ばかっぴろい大学のいっちゃん奥の建物やったんです。

ガイルの心の声:

くっそー!

いじめか!

神さまはどこまで俺を試すねんんんんっ!!!

こうなったら意地でも間に合わせなければいけません。

これまでお世話になったタクシーのおっちゃんと、2年間も勉強を許してくれた嫁はん、そしてなによりも自分のために!!!

入り組んでいる校内の曲がり角を、靴底があっという間にすり減るくらいのドリフトテクニックで駆け抜け、さらに階段を猛ダッシュで上がり、、、

ガラッ、ガラガラッッッ!!

ガイル:

すみませんっ!

はぁっ、はぁっ。

まだ、まだ間に合いますか!?

試験管:

きみ!受験票は!

はい!すぐに席に座って準備して!!

すでに試験5分前

もちろん問題用紙もなにもかも配られたあとでした。神経を集中させていた他の受験生の皆さんも唖然としている中、ソッコーで筆記用具と電卓を準備し、必要事項を記入。

そうこうしている内に、、、

試験管:

はい、始めて!!

試験管からの容赦ない号令で試験が始まりました。

ガイル心の声:

あ!あかんっ!時計カバンの中や!!

始まってから気付いたのですが、肝心の時計がまだ用意できていませんでした。でも、そんなもんどうでも良かったです。だって、

とりあえず間に合ったから(-"-)

その後、冷や汗やらなんやらで机を濡らしながら、ドキドキが収まらない内に1時限目の理論が終了。

ガイル心の声:

あーあ。

これ、絶対あかんやつやわ。

どーせみんなも、こんなギリギリに来るようなやつは絶対受からんって思ってんねんやろなー。くっそー。

そう思いつつ、2時限目の電力、オマケ感覚で受けた3時限目の機械を終わらせて会場を後にしました。

もし、2017年度の電験本番で、同じ地区の同じ大学の同じ教室で試験をされていた方がおられたら、もしかしたら分っちゃうのかもしれませんw

その節は、試験開始直前に彗星のごとく現れ、バタバタと集中力を削いでしまうような事をして申し訳ありませんでした。この場をお借りして、心よりお詫び申し上げます。。。

最後に。

これは僕史上、一番最悪の事件となってしまいました。

一番やっちゃいかん失敗をしてしまった悪しき例です。

今回は、神さまの助けをいただき、無事に到着できましたが、いつもこううまくいくとは限りません。

また、皆さんは大丈夫だと思いますが、自分の思い込みで何かをする事は非常にリスクを伴います。

絶対に受験票だけは細部の細部まで確認しておきましょう!

って、こんなミスをするのは僕だけでしょうがw

それと以前に、電験2年生の時のテストは半ば諦めていたと書きましたが、実はこの失敗があったからなんです。

それでもです。

こんなありえない失敗をした僕でも、その年の理論と電力は、ぎりぎりでも合格できたんですよ!

しかも、3年目になる今年に、ようやく全教科合格でき、免状を取得する事が出来たんです!

だからど素人の皆さん!

安心してください!

努力は必ず、必ず報われますからぁぁぁぁ( ̄◇ ̄;)

では今日はこの辺で!

今年はこんなおじさんブログにお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。

また来年も頑張って書いていきますので、末永くよろしくお願いします!

皆さん!良いお年をお迎えください!


pick up!
おすすめの記事